サイト内検索
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2021年12月 次月>>
運営者情報
RSS
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
女性こんにちは広報委員会女性 4番です。

みなさんは金環日食、見られましたか?
私は、さほど興味はなかったのですが、折角の機会だしと思いなおし慌てて日食グラスを買いにいきました。
天気が心配されましたが、時折かかる雲のおかげで肉眼でも綺麗に見ることができました。

ニヒル 「ちょっとちょっと!あれほど肉眼で見ちゃダメって言ってたでしょ!」
女性 「でも曇ってたからいいかなぁ~ってハート
女性 写真は携帯で撮りました。

    「遠いから無理だと思いましたが、意外と撮れるものですね。」
ニヒル 「遠くてもカメラは撮れます。問題は明るすぎるからでしょ!」怒

女性 そもそも金環日食とはどういうことなのか、皆既日食とどう違うののでしょう・・・?
日食には、太陽が月に完全に覆い隠くされる「皆既日食」、

月のまわりに太陽がリング状にはみ出す「金環日食」、
太陽のまるい形が部分的に欠けたように見える「部分日食」の3種類があります。


皆既日食は太陽が完全に隠されるので辺りが闇に包まれますが、
金環日食は太陽が完全に隠されないため暗黙にはなりません。
白昼の明るい太陽に月が重なり中央部だけ隠され、あのリングが出来るのです。
日食は大体年2回、地球のどこかで起きていますが、金環や皆既が見られる地域はほんの数%程度。
日本で本土を含めたこれほど広範囲で金環日食が拝めるのは1080年以来932年ぶりの滅多に無い天文ショーだったというわけです。
932年ぶりと聞いたらなんだか得した気分です。
思ってた以上に神秘的な世界にとても感動しました。

参考文献 国立天文台 こよみ用語解説
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/faq/solar_eclipse.html


さてさて、今日はインサーターで請求書の封入作業をしました。
本日の私は、出口2番の作業です。

当社の作業手順では・・・1番目の人が糊と宛名窓をチェックしたものを、2番目が再度糊のチェックをし、3番目が箱詰めします。
1番目でしっかりチェックしていても、封筒によってつきが悪かったり、剥がれやすい物があるので、Wチェックをしています。
封筒を数通ずつ取って指ではじきながら糊チェックをします。
パタパタパタ・・・パタパタパタ・・・
作業をし終わる頃にはいつも指や手の平が封筒の色になるんですよ(^-^;)
本日は青い手なりました!!



提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所..